1分でわかる日本航空123便墜落事故

日本航空123便墜落事故の要点

  • 羽田発大阪行きの日本航空123便が御巣鷹山に墜落
  • 墜落の原因は整備不良だが様々な陰謀説もある
  • 有名人も含む520人が死亡し生存者はたったの4名

日本航空123便墜落事故の事件の概要

(画像:Unsplash

毎年8月12日になるとテレビや新聞で「御巣鷹山(おすたかやま)」という言葉を多く見聞きします。これは1985年8月12日に日本航空ジャンボ機123便が御巣鷹山の尾根に墜落するという事故が起きたからです。 そこで今回は日本航空ジャンボ機123便墜落事故の原因や状況、まことしやかに流れた噂などについてお話しします。

日本航空123便は羽田発大阪行きの飛行機

1985年8月12日に運航した日本航空123便は18時に羽田空港から伊丹空港に向けて出発し、18時56分に到着予定でした。 日本航空123便はその日羽田ー千歳間を1往復、羽田ー福岡間を1往復しており事故が起こったのは5回目のフライトでした。伊丹から羽田に折り返し運航する予定だったことから復路分の燃料を搭載していたことがわかっています。

機体はボーイング747SR-46

事故当日はボーイング747SR-46型機が日本航空123便として使用されていました。この機体は1979年1月に製造されたもので墜落事故以前の1985年にも事故を起こしています。 それは「日本航空115便しりもち事故」と呼ばれるもので1978年6月2日に羽田から伊丹に向かう日本航空115便として使用された際、着陸において滑走路に機体の尾部を接触させました。死者こそ出なかったものの負傷者が25名出ました。