日本航空123便墜落事故の事件の概要

(画像:Unsplash

毎年8月12日になるとテレビや新聞で「御巣鷹山(おすたかやま)」という言葉を多く見聞きします。これは1985年8月12日に日本航空ジャンボ機123便が御巣鷹山の尾根に墜落するという事故が起きたからです。 そこで今回は日本航空ジャンボ機123便墜落事故の原因や状況、まことしやかに流れた噂などについてお話しします。

日本航空123便は羽田発大阪行きの飛行機

1985年8月12日に運航した日本航空123便は18時に羽田空港から伊丹空港に向けて出発し、18時56分に到着予定でした。 日本航空123便はその日羽田ー千歳間を1往復、羽田ー福岡間を1往復しており事故が起こったのは5回目のフライトでした。伊丹から羽田に折り返し運航する予定だったことから復路分の燃料を搭載していたことがわかっています。

機体はボーイング747SR-46

事故当日はボーイング747SR-46型機が日本航空123便として使用されていました。この機体は1979年1月に製造されたもので墜落事故以前の1985年にも事故を起こしています。 それは「日本航空115便しりもち事故」と呼ばれるもので1978年6月2日に羽田から伊丹に向かう日本航空115便として使用された際、着陸において滑走路に機体の尾部を接触させました。死者こそ出なかったものの負傷者が25名出ました。

被害者と生存者

日本航空123便には524名の乗員乗客が乗っていました。千葉県愛宕山に配置されていた航空自衛隊中部航空警戒管制団は、18時28分に同機の緊急事態を受信します。その事実は直ちに報告され中部航空方面隊や東京航空局東京対策事務所が避難調整所を設置し、防衛庁・警察庁・消防庁・海上保安庁に通報のうえで捜索開始が決定します。 やがて陸上からの捜索は群馬県警・埼玉県警・長野県警の合同で始められました。しかし搭乗者の520名が死亡、生存者はわずか4名でした。