若年化するリベンジポルノ問題。相談数も増加

「リベンジポルノ問題」は2013年頃から日本でも問題視されはじめた性的被害の一種です。スマホ等の普及に伴ってリベンジポルノは年々増加傾向にあり、若年層の被害も拡大しています。 2018年度のリベンジポルノの相談件数は1347件で過去最多を更新し、統計を開始した2014年度の110件からおよそ13倍になりました。 警察庁の発表によると、2017年におけるリベンジポルノ被害の9割以上が女性でした。年代別では20代が約38%、10代が約25%、30代が約17%となっており、若い女性ほど被害者になりやすいようです。

そもそもリベンジポルノとは

リベンジポルノとは被害者と別れた恋人や結婚相手が、性的な写真・動画を利用して被害者に復讐する行為のことです。 若者を中心として、交際中にプライベートな自撮りや記念写真を残すことが多いものですが、中には全裸や性的行為の写真・動画も少なくありません。そういったデータを被害者に無断でインターネット上にアップロードすることがリベンジポルノです。 「リベンジポルノ問題」はPCやスマホが高性能化し、誰でも簡単に写真・動画を残して、素早く共有できるようになった弊害と言えます。

スマホの普及等で「インターネットで拡散しやすく、削除できない」現状

「リベンジポルノ問題」はインターネットの発達に伴って深刻化しています。 PCやスマホの普及と全世界的なインターネット回線の敷設によって、大容量の情報を高速でやりとりすることが可能になりました。便利な反面、リベンジポルノで画像・動画が一度インターネットに流出してしまうと、素早く拡散されてしまう危険があります。 企業のサイトであれば削除も可能ですが、個人のPCやスマホに保存されてしまえば追跡も難しく、そこから二次流出三次流出にも繋がれば事実上削除できなくなります。

日本で起きたリベンジポルノ:三鷹ストーカー事件

「三鷹ストーカー事件」は2013年に日本であった殺人事件です。被害者は女子高生で、元恋人の男が付きまとった結果、刺殺事件にまで発展しました。 その刺殺事件の直前、被害者に交際を断られた元恋人の男は、逆上して性的画像・動画を公開すると脅迫しました。元恋人の男はその嫌がらせを実行に移し、アメリカのアダルト動画共有サービスに画像・動画をアップロードしたのです。 この「三鷹ストーカー事件」がきっかけとなって、日本でも「リベンジポルノ問題」が知られるようになりました。

【関連記事】三鷹ストーカー事件の詳細はこちら