職場の雰囲気の判断基準は?良くする人と悪くする人の特徴から改善法まで!

職場

2019年4月11日

毎日仕事をする職場には仕事内容や雇用条件と同じくらい大切なものがあります。それは「職場の雰囲気」です。毎日通う職場の雰囲気が悪いと業績にかかわりますし、人によっては心理的・身体的なダメージを受ける事もあります。今回ビジキャリでは「職場の雰囲気の判断基準」について解説します。職場の雰囲気を良くする人、悪くする人の特徴や改善法についてもご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

職場の雰囲気の判断基準は?

職場の雰囲気

会社にとって職場の雰囲気は非常に重要です。社内の雰囲気が悪ければ仕事がやりづらくチームや部署の解体に繋がったり、中小企業であれば最悪の場合は廃業に追い込まれる可能性もあります。 そうならないために、この見出しではあなたの職場の雰囲気を判断するための3つの方法をご紹介します。

【関連記事】職場の人間関係への悩みはこちらから

判断基準①社員同士のコミュニケーション量

判断基準の1つ目は「社員同士のコミュニケーション量」です。これは業務上必要なコミュニケーションと休憩時間などの雑談の両方を含みます。 コミュニケーションが活発な職場は社員の信頼関係や協力意識が強く根付いており、良い職場環境になっている可能性が高いです。逆の場合はお互いの信頼関係が作られておらず「必要以上に関わらない」という文化が職場に根づいている可能性があります。

判断基準②挨拶

2つ目は「挨拶」です。これは職場の社員同士(上司・部下・同僚全て)と、職場に来たお客様や取引先への挨拶全てが該当します。 こうした仕事の関係者への挨拶が徹底されている職場では、一緒に働く人やお客様への礼儀が重んじられていて、良好な人間関係を維持する意識が強く良い職場環境と言えます。逆の場合は人への礼儀を軽視しているため、良い雰囲気の職場とは言えません。

判断基準③若手の意見の扱い

3つ目は「若手の意見が通るかどうか」です。年長者やベテラン社員のみではなく若手社員の意見も受け入れる意識が、管理職者にあるかどうかで判断します。 若手社員の意見が通る職場は社員のやる気にもつながるので良い雰囲気になる可能性が高いです。逆の場合は職務年数という本質的でない部分で実力が判断されているため社員の不満が大きく、良くない雰囲気の職場になっている可能性があります。

職場の雰囲気を良くする人の特徴

職場の雰囲気を良くする人

職場の雰囲気の判断方法は大まかにまとめると「適切なコミュニケーションが取れているか」というものになっていました。 次にこの見出しでは職場の雰囲気を良くしてくれる社員の特長を紹介します。ここで紹介する特徴がある人が職場にいると、社員のモチベーション向上や業績アップに繋がりやすくなります。

1/4

続きを読む