悠久とは

悠久という言葉はさまざまなシーンで使える便利な言葉です。しかし、言葉は聞いたことがあっても、どのような意味なのかは知らないという方が多いかもしれません。 以下では悠久の読み方や意味について解説します。悠久の具体的な意味を知って使われる状況を理解しましょう。

悠久の読み方は「ゆうきゅう」

悠久の読み方は「ゆうきゅう」です。 よくある間違いは、「悠」の部分を強く読んでしまうことです。また、「悠久」を「ゆうきゅう」ではなく、「ゆきゅう」と読んでしまうミスもよく見られます。正しい使い方は正しい読み方が前提です。間違えないようにしっかりと覚えておきましょう。

悠久の意味は「長く続くこと」

悠久には「長く続くこと」という意味があります。「悠」は「ゆったりとしている」、「久」は「時間が長い」という意味があり、それを組み合わせて「時間がゆったりと長く続く」という表現になります。 主に遠い過去に言及するときやある物事に長い歴史を感じたときに用いられます。また、観光会社が歴史ある観光名所の魅力を説明する場合などに悠久を用いることがあります。

悠久の類語・対義語・英語

悠久には、「永遠」や「永続」などの類語、「瞬間」や「一瞬」などの対義語があります。 ここでは、それぞれの単語の意味について説明します。知っておくと表現の幅が広がるので、悠久と一緒に類語や対義語、悠久を意味する英語も覚えましょう。