悠久(ゆうきゅう)の意味や類語との違いや使い方を徹底解説!

ビジネス用語

2019年4月22日

「悠久」は壮大な自然や歴史などに対して使われる、「長く続くこと」を意味する言葉です。この記事では、「悠久」の意味や使い方だけでなく類語、対義語や英語表現についても紹介します。例文も記載しているので「悠久」を理解するためにぜひ参考にしてみてください。

悠久とは

悠久という言葉はさまざまなシーンで使える便利な言葉です。しかし、言葉は聞いたことがあっても、どのような意味なのかは知らないという方が多いかもしれません。 以下では悠久の読み方や意味について解説します。悠久の具体的な意味を知って使われる状況を理解しましょう。

悠久の読み方は「ゆうきゅう」

悠久の読み方は「ゆうきゅう」です。 よくある間違いは、「悠」の部分を強く読んでしまうことです。また、「悠久」を「ゆうきゅう」ではなく、「ゆきゅう」と読んでしまうミスもよく見られます。正しい使い方は正しい読み方が前提です。間違えないようにしっかりと覚えておきましょう。

悠久の意味は「長く続くこと」

悠久には「長く続くこと」という意味があります。「悠」は「ゆったりとしている」、「久」は「時間が長い」という意味があり、それを組み合わせて「時間がゆったりと長く続く」という表現になります。 主に遠い過去に言及するときやある物事に長い歴史を感じたときに用いられます。また、観光会社が歴史ある観光名所の魅力を説明する場合などに悠久を用いることがあります。

悠久の類語・対義語・英語

悠久には、「永遠」や「永続」などの類語、「瞬間」や「一瞬」などの対義語があります。 ここでは、それぞれの単語の意味について説明します。知っておくと表現の幅が広がるので、悠久と一緒に類語や対義語、悠久を意味する英語も覚えましょう。

悠久の類語は「永遠・永続・永久・恒久・常しえ」

悠久の類語は「永遠・永続・永久・恒久・常しえ」です。これらの言葉はすべて「長く続くこと」という意味がありますが、悠久と微妙なニュアンスの違いがあります。 ・悠久の時間が流れる。 ・永遠の時間が流れる。 前者の例文では「ゆったりとした長い時間が流れる」というプラスの内容になっています。しかし、後者の例文では「ゆったり」といみ意味は含まれないため、マイナスの内容として解釈することもできます。このように、「悠久」と「永遠」などの類語にはプラスと受け取れるか否かのニュアンスの違いがあるのです。

悠久の対義語は「瞬間・一瞬・刹那・咄嗟・瞬く間」

悠久の対義語は「瞬間・一瞬・刹那・咄嗟・瞬く間」です。これら対義語の意味は「短い間しか続かないこと」という意味です。 ・大自然の中で悠久の時間が流れる。 ・仕事に夢中で時間が一瞬で過ぎた。 前者の例文では「時間の長さ」を感じ取っています。しかし、後者の例文では「時間の短さ」を感じ取っています。このように、悠久とその対義語では、時間に対する感じ取り方で使い分けすることができます。対義語も合わせて覚え、表現の幅を広げるようにしましょう。

悠久の英語は「permanent/eterity」

悠久の英語は「permanent/eterity」です。 ・The life is permanent. (人生は悠久だ。) ・The time of the eternity goes by slowly. (悠久の時間が流れる。) ただし、どちらの英語も「ゆったり」という意味は含まれないため、それを強調する場合は「slowly(ゆっくりと)」などの英語を付け足しましょう。

悠久の使い方と例文

悠久は「長く続くこと」という意味があり、「悠久の時」や「悠久の昔」などという表現がさまざまなシーンでよく用いられます。 ここでは悠久という言葉が用いられる場面について、例文を交えて具体的に解説していきます。悠久の使い方をしっかりと覚えておきましょう。

例文①悠久の時

悠久には「悠久の時」という表現があります。主に以下の例文のような形で用いられます。 ・樹齢数千年の屋久杉を目の前にすると、悠久の時を感じざるを得ない。 「悠久の時」とは「果てしなく続くかと思われるほど長い年月」という意味です。たとえば樹齢数千年の樹木や数千年前の古代遺跡など、遥か昔から存在するものに対して、敬意を表する場合に用いられます。

例文②悠久の昔

悠久には「悠久の昔」という表現があります。主に以下の例文のような形で用いることができます。 ・悠久の昔からこの山は生き物の暮らしを見守ってきた。 「悠久の昔」とは「果てしなく長い年月の過去」という意味です。たとえば、山や川など遥か昔から存在する自然物に対して、その歴史の雄大さを語ったり、遥か昔の光景に思いを馳せたりする場合に特に用いられます。

例文③悠久の歴史

悠久には「悠久の歴史」という表現があります。主に以下の例文のような形で用いられます。 ・万里の長城の上に立つと、中国四千年の悠久の歴史を感じる。 「悠久の歴史」とは「太古から続く人類の文明・文化」という意味です。今でも綿々と受け継がれている価値観や慣習、伝統など、千年以上前から続く歴史的に価値が高い文明・文化を褒め称える場合に用いられます。

まとめ

「悠久」は「長く続くこと」という意味があり、知っているとさまざまなシーンで使える便利な言葉です。 「永遠」などの類語や「一瞬」などの対義語とともに具体的な意味や読み方、使い方を覚え、自分の言いたいことをしっかりと相手に伝えられるようにしましょう。


関連記事