1分でわかる韓国通貨危機

韓国通貨危機

  • アメリカ発の通貨危機に対応できなかったアジア
  • 金もメンツも失った韓国・IMFに国家主権を奪われる
  • IMF危機を思い出す韓国国民・不安はいつまで続くのか

1997年秋に始まった韓国の通貨危機はIMF(国際通貨基金)によって救われました。しかしこれによって韓国は国家主権を失います。 今回3度目となる経済危機は、文在寅政権よる急激な最低賃金引上げが発端です。日米との関係悪化によりドルを貸してくれる国もなく苦しい経済運営が続いています。韓国経済は3度目の失政を繰り返してしまうのでしょうか。

1997年の韓国通貨危機

1997年の通貨危機が深刻になると日本からドルを借りるべきとの案が浮上しますが、その前に「香港証券市場の暴落」が起こります。 これによって日本経済も打撃を受けることになりますが、韓国への資金援助を止めずにドルを貸すことを考えていました。そこに割って入ってきたのがアメリカです。米FRB(連邦準備理事会)がそれを引き留めたのです。

原因はヘッジファンドによる空売り

韓国通貨危機はアジアで起きたヘッジファンドによるバーツ売りから始まります。タイバーツはドルペッグ制を採用していたため、アメリカの景気に大きな影響を受けます。 実際にタイは1990年代に年間成長率9%と好調でしたが、同時期のアメリカによるドル高政策によって輸出が激減します。 バーツの価格が下がったところへ、アメリカのヘッジファンドがバーツの空売りを始めます。バーツの暴落でタイ、インドネシア、そして「韓国」の経済も影響を受け各国経済はこの通貨危機に飲み込まれていきます。

IMFに救済を依頼

韓国は日本とアメリカに経済支援を依頼しますが、両国とも信用格付けが低い韓国の要請に応えません。これで韓国はIMFに頼るしかなくなってしまいました。 1994年11月22日に韓国はIMFに金融救済を要請します。1994年12月4日にIMFとスタンドバイ協定を結んだ韓国はIMFの指示で緊縮政策を進めます。 IMFの管理下に置かれた韓国は更に経済的な信用を失い、スタンダード&プアーズ、ムーディーズの格付も更に下がっていきます。