外出自粛にタクシーが買い物を代行

つつじ観光バスでは2002年から買い物を代行する「おつかいサービス」で顧客の取り込みを行っており感染拡大で外出自粛が長引く中、高齢者を中心に需要が高り売り上げに貢献しています。 政府は今月4日に主要都市で外出自粛期間を5月末日まで延長することを発表しており、おつかいサービスの需要は更に高まりそうです。

利用客減るタクシー会社にもメリット

タクシーの利用者は平時の4割減といわれており、外出自粛により、道路を走っても顧客を捕まえられず、「流し営業」では売り上げを伸ばすことが難しい状況となっています。 そこで積極的に顧客を掴みに行くおつかいサービスは、利用者減に苦しむタクシー業界にとって常連客増に繋げることができるメリットがあります。

新型コロナの影響が直撃するタクシー業界

政府は緊急事態宣言の延長を発表し外出自粛を続けるよう呼びかけています。新型コロナの拡大防止で大きなダメージ受けている飲食業界にとって苦しい経営が続くことになり、中でも接待に使われる銀座や六本木の飲食店は客足が途絶え夜間の割り増し料金を当てにしていたタクシーの売り上げにも影響しています。