「except」の意味は「〜以外」

〜以外

〜以外(画像:Unsplash

「except」は動詞・前置詞・接続詞として使われますが、品詞によって使い方が変わります。 動詞と前置詞の場合は「except〜」で「〜を除く、〜以外」という意味になり、この場合は「〜」の部分には名詞が続きます。 接続詞の場合は「except that」「except when」「except if」などで「〜な場合を除いて」となりますが、こちらの場合「〜」の部分は「主語・動詞」がある文が続きます。

「except」と「except for」の使い分け

書き分け

書き分け(画像:Unsplash

「except」は使い方を混乱しやすい英単語の一つで、用法を場合分けして覚えておく必要があります。 ここで紹介する「except〜」と「except for〜」は両方とも「〜以外」という意味ですが、文中での意味や使われる箇所によって使い分けられます。

「全体」を表す形容詞が前にある場合は両方可能

全体を表す形容詞が前にある場合は両方とも使用可能です。全体を表す形容詞には「all」「no」「any」「every」「never」「completely」「each」「whole」などがあります。 ・I have not taken a rest except (for) last month. (先月以外は休みをとっていません。) この例では直前に「not a」があるので「except〜」と「except for〜」のどちらも使用可能です。

単一のものについて述べる場合は「except for」のみ

単一のものについて述べる場合に使えるのは「except for」のみです。 ・Your work is fine except for one thing. (1つのことを除けば君の仕事はよろしい。) ・You are a great salesperson, except for the temper. (短気なことを除けば君は素晴らしい営業マンだ。) 両方とも「全体を表す語句」はなく、「Your work」や「You」という単体のものを話しているので、「except for」のみです。