合縁奇縁の読み方は「あいえんきえん」

「合縁奇縁」と書いて「あいえんきえん」と読み、「ごうえんきえん」は誤った読み方です。 「合」の音読みは「ゴウ」で、訓読みが「あう」です。漢字四文字のうち一字のみ訓読みすることに注意しなければなりません。

合縁奇縁(あいえんきえん)の意味は「人と人との巡り合わせは不思議な縁によるものだということ」

「合縁奇縁」の意味は「人同士が気心が合うかどうかは不思議なつながりによるものだ」です。「相縁機縁」も間違いではありませんが、あまり一般的ではありません。 人間全般はもちろん、男女の絆について使われます。

合縁奇縁(あいえんきえん)の類語とそれぞれとの違い

古今東西様々な場所で、たくさんの人物が人同士の関係について説いています。宗教においても、それぞれの人間観で関係性を定義しています。 人同士の関係を表す言葉について学びを深め、使い分けることが大切です。

合縁奇縁と一期一会の違い

「一期一会(いちごいちえ)」は「どんな出会いも一生に一度のものである」という意味です。言葉の由来は茶道で、どんな茶会でも、同じ顔触れが集うことは二度とないといった意味から、この言い回しが生まれました。 出会いを大切にするという考え方の「一期一会」に対し、相性の良し悪しは人智を超えた力の働きによるものだというのが「合縁奇縁」です。人どうしの相性や縁の不思議さ、興味深さに言及した言い回しです。