試行錯誤の意味は「試みと失敗を繰り返し解決策を見出す」

(画像:Unsplash

ビジネスシーンでも「試行錯誤」という四字熟語はよく使われます。試しに行うことを指す「試行」と、間違いや誤りを意味する「錯誤」という2つの熟語で成り立っています。 つまり「試行錯誤」とは「新しいことに取り組むにあたり様々な方法を試し、失敗を繰り返しながら成功するための解決策を見出す」ことを意味します。「試行」の部分を「思考」や「志向」と間違うことが多いので注意が必要です。

試行錯誤の使い方や例文

(画像:Unsplash

「試行錯誤」は学業やスポーツ、ビジネスシーンなどあらゆるところで頻出します。そのため使い方も様々で、「試行錯誤する」「試行錯誤を重ねる」「試行錯誤を繰り返す」「試行錯誤の連続」などがあげられます。 ここでは「試行錯誤する」「試行錯誤を重ねる」「試行錯誤を繰り返す」を取り上げ、例文を交えながら使い方を紹介します。

例①試行錯誤する

「試行錯誤する」は「新しい状況あるいは問題に対峙した時に、様々な試みをして失敗を重ねながら解決方法を見つける」ことを意味しています。 ・このアイデアを商品化するためには、試行錯誤する必要があります。 ・目標達成に向けてチームをまとめるために、彼は試行錯誤しました。 「試行錯誤する」には、「目指す目標に向かって努力する」という意味が含まれています。

例②試行錯誤を重ねる

「試行錯誤を重ねる」という表現は、「様々なことを試しては何度も失敗する」ことを指します。 ・先日発表した新製品は試行錯誤を重ねた結果、生まれたものです。 ・試行錯誤を重ねて、ようやく新しいメニューが完成しました。 「試行錯誤を重ねる」には、「何度も失敗を重ねながら諦めることなく結果を出すまで続ける」というニュアンスが含まれます。また「試行錯誤しながら」と表すよりも、美しい表現なので積極的に使うことをおすすめします。