年収500万の生活

2015年の国税庁調べによると、日本の平均年収は400万円前後と言われています。そのため、年収500万円というのは比較的高い年収と言うことができそうです。 今回は「年収500万円」を想定した場合の手取り金額や収入に見合ったローン金額、家賃や職業などについて解説します。保険料や養育費、貯金や車などについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

年収500万の手取り・税金

まずは「年収500万円」の手取り金額と、税金について解説します。 年収が500万円であっても、500万円がまるまる手取りとなるわけではありません。必要なものが控除され、残った金額が「手取り金額」となります。 また、税金は収入によって変化するので「年収500万円」の場合に、どれくらいの金額が税金として差し引かれるのかも知っておきましょう。

年収500万の住宅ローンの金額や返済額

次に「年収500万円」の人や家庭が、住宅ローンを組もうと思ったときどれくらいの金額が適しているのでしょうか。住宅ローンは長い年月をかけて支払っていく大きな出費です。月々の返済額など、細かい部分も考慮しておいた方が良いでしょう。 以下では「年収500万円」の人が組む、妥当な住宅ローンの金額や返済額などについて解説します。

年収500万の場合の家賃の金額

「年収500万円」の人や家庭が、住宅ローンを払って家を購入するという選択をしなかった場合、家は賃貸で借りることになります。 そこで以下では「年収500万円」の人が支払う家賃の金額について解説します。「年収500万円」で支払える家賃はいくらくらいなのか、また希望する家の家賃は「年収500万円」の人に適しているのか、などについてご紹介しますので参考にしてください。