1分でわかる草加事件

1分でわかる草加事件

  • 少年5人が女子中学生の殺人容疑で逮捕・補導される
  • 少年は犯行を否認したが刑事裁判では有罪となる
  • 民事裁判では最高裁まで争い無罪となり冤罪とされる

1985年に埼玉県で起きた「草加事件」は、昭和最後の少年冤罪事件としても有名です。そして刑事裁判と民事裁判で真逆の判決が下るという、異例の事態を生みました。 今回は犯人とされた少年5人の運命を変えた、「草加事件」について解説します。

草加事件の概要

(画像:Unsplash

「草加事件」が起こったのは、1985年7月19日のことでした。草加市内で当時中学3年生の女子が絞殺されているのが見つかり、少年5人が逮捕・1名が補導されました。これが17年にもわたる、冤罪事件の幕開けとなったのです。 ここでは「草加事件」の概要について詳述します。

埼玉県草加市の残土置き場で女子中学生3名の遺体が発見される

1985年7月19日の昼過ぎに、草加市内の残土置き場で女性の遺体が見つかりました。被害者は隣町に住む女子中学生が絞殺されたのです。 遺体発見時には被害者の着衣が乱れており、スカートにはAB型の体液が付着し強姦が疑われました。しかし遺体発見現場周辺には争った形跡がなく、別な場所で殺害されたと推測できる状況でもあったのです。 そして現場検証において残土置き場の出入り口当たりではタイヤ痕と22の足跡が、残土置き場からは8つの足跡が見つかりました。

少年5名が逮捕された

捜査を担当していた草加署に1つの知らせが入りました。その内容は「女子中学生が殺害された日の深夜に、被害者が八潮にある中央病院の側を歩いていたと話している少年がいた」というものでした。 草加署はその通報により、話題にのぼった少年Aについて調べ始めます。すると家出に始まり、窃盗や薬物の使用などによる補導歴が判明しました。 そして少年Aと行動を共にしていた少年B・CとAの弟のD、少年Eの5名を草加署へ任意同行します。そして個別に事情聴取を行ったところ、少年A・B・Cが自供したため5名とも逮捕しました。