Facebookの創業者マークザッカーバーグ

マークザッカーバーグとは

  • コンピューターソフトの開発に夢中になる
  • 大学時代にFacebookを作り出す
  • 現在も世界的企業のトップとして君臨している

ザッカーバーグの経歴

(画像:Unsplash

Facebookの創始者になるザッカーバーグは小さい時から才能を開花させていました。父の仕事の助けとなるソフトを12歳で開発してしまったのです。 なぜFacebook開発に至ったのか、その生い立ちから解説していきます。

【関連記事】富士そばの営業テクニックと社長の思想についての記事はこちら

生い立ち

1984年のニューヨークに生まれたマーク・ザッカーバーグは、父の影響で幼い時からコンピューターが大好きな子供でした。家庭教師の教育もあって12歳の時に初めてソフトを作り上げます。 高校に進学すると成績が優秀だったために、家から遠く離れた名門校に転校しました。高校でもソフトを開発し、誰でも使えるようインターネットにアップします。 そのソフトが話題を呼び、ついにはマイクロソフトからも一目置かれる存在になるのです。

ハーバード大学

高校を卒業すると、世界大学ランキングでも常時トップに君臨するハーバードに進学します。大学でも新しいソフトを作れないかと躍起になります。 そこで新しいサイトを設立し、大学内で情報の共有を可能にするシステムを作り上げたのです。これが後のFacebookの原型です。彼の作るソフトは大学時代から人を繋げる役割を果たしていたのでした。 その他にも大学に通う女子学生を格付けするサイトを作ったり、サーバーのセキュリティを破るなど数々の問題を起こしました。