研鑽とは

研鑽

研鑽(画像:Unsplash

社会に出てより大きな成果を出したり大きな収入を得るためには、自ら積極的に学んだり技術向上に務める姿勢が必要になります。 つまり自分の知識を深めたりスキルアップするるための「研鑽」を継続していく必要があるのですが、まずはこの「研鑽」の意味や読み方を理解しましょう。

研鑽の読み方は「けんさん」

研鑽の読みは「けんさん」です。 「研」は音読みでは「ケン」、訓読みでは「とぐ」と読み、「こすって磨くこと」や「努力して向上する、物事を極める」という意味になります。「鑽」は音読みでは「サン」、訓読みでは「きる」と読み、「穴を開ける」「物事を深く研究する」という意味があります。 どちらの単語にも「物事を研究して深く究める」というニュアンスがあります。

研鑽の意味は「学問などを追求する」

研鑽は「学問などを追求する」という意味です。 「研」「鑽」それぞれについて説明したとおり、「研鑽」は学問や自分が従事する仕事で必要とされる技術について自分で努力をして理解を深めたり技術を身につけることを意味します。 つまり「研鑽」と言った場合自らの努力と、その結果として自分自身がスキルアップしていくことが目指されています。ただ理解を深めるだけで、結果につながらない努力は「研鑽」とは言えません。

研鑽の英語・類語・四字熟語

表現方法

表現方法(画像:Unsplash

「研鑽」に類似する日本語は沢山ありますが、この見出しでは「修行」「練磨」という2つの言葉の意味やそれぞれのニュアンスの違いについてご紹介します。 また「研鑽」の英語表現についても例文を用いてご紹介しますので、より深く言葉の意味を理解するためにも目を通してみて下さい。