悠仁さま刃物事件はいかにして実行されたのか?

悠仁さま刃物事件は改元を数日後に控えたタイミングに発生した不安の残る不気味な事件です。犯人は依然として犯行動機を黙秘しています。人目の付きやすい昼間の学校内で犯人は一体どのようにして犯行を行ったのでしょうか。

お茶の水女子大付属中学校に業者を扮して侵入

事件は悠仁さまの通う東京都文京区にあるお茶の水女子大附属中学校にて発生しました。犯人は警備の網をくぐるべく出入りの工事業者に扮して侵入しています。 犯人逮捕の決め手となったのは敷地に設置してある防犯カメラでした。防犯カメラ映像には事件当日の正午ごろ上下青色の作業着を着たヘルメットにマスク姿の中年男性が映し出されていました。 その男が悠仁さまの机の上に置かれた刃物を巻き付けていた棒と似たような棒状の物を持って歩いていたことから、警察庁は同校へ不法に侵入したとして建造物侵入罪の容疑で男を逮捕しました。

悠仁さまの机の上に刃物を置いた

犯人の男は悠仁さまのクラスが屋外授業をしている時間帯を狙って侵入しています。悠仁さまの教室や座席は一見して判別できる状態ではなく、短時間かつピンポイントに行われた犯行は内通者の存在や学校関係者の関与が疑われました。 包丁2本が棒状の物に巻き付けたような状態で、悠仁さまの机と隣の机に渡るように置かれていました。文字などは書かれていませんでした。 また刃の部分がピンク色に塗られており、これは人気アニメ「エヴァンゲリオン」に登場する武器である「ロンギヌスの槍」を模したものではないかといわれています。犯人の狂気じみた考えが垣間見れます。