「スケジュール」の英語表記は「schedule」

英語表記

英語表記(画像:Unsplash

「スケジュール」は英語で表現すると「schedule」となります。日本人の誰もが馴染みのある英単語ですが、「sche」の部分が発音とつづりがやや異なるので注意する必要があります。 この記事では、そんな「schedule」について徹底的に解説します。

「スケジュール」の略記は「 sched」

「スケジュール」は「sched」と略して表示されることもありますが、意味は「schedule」と全く同じです。 発音は「スケジュール」をそのまま略して「スケドゥ」と読むこともありますが、発音時に更に略して「シェドゥ」と発音することもあります。「シェドゥ」の場合はイギリス英語の発音方法なので、アメリカでこの発音をすると伝わらない可能性があります。

「スケジュール」を英語で書くときの注意点

英語で書くときの注意点

英語で書くときの注意点(画像:Unsplash

「スケジュール」の基本的な表記方法と、その略語についても紹介しました。どちらも意味は全く同じなので好きな方を使いましょう。 次は、様々なスケジュールを英語で表現する方法について紹介します。日・週・月・年間のスケジュールの書き方を説明するので、確認してみてください。

日のスケジュール

「日のスケジュール」の英語表現は、「one day/two days schedule(1日・2日間のスケジュール)」「a schedule of one day/two days(1日・2日間のスケジュール)」「daily schedule(毎日のスケジュール)」となります。 どの表現を使ってもよいのですが、「daily schedule」が最もよく使用されます。