大韓航空機爆破事件の概要

(画像:Unsplash

大韓航空機爆破事件とはどのような事件だったのでしょうか。犯人は日本人の偽造パスポートを持っていました。この事件には北朝鮮による日本人拉致事件も関わりがあります。まずはこの恐ろしい事件がどのようなものだったのか概要から見ていきましょう。

1987年に起きた大韓航空の旅客機が爆破されたテロ事件

大韓航空機爆破事件とは1987年に北朝鮮工作員が韓国大韓航空旅客機に時限爆弾を仕掛け乗客・乗員全員を殺害した事件です。 当該旅客機はイラクのバクダットを出発して、UARのアブダビ、タイのバンコクを経由してソウルに向かう予定でした。 旅客機はインド洋近くのアンダマン海上空で北朝鮮工作員が仕掛けた時限爆弾によって爆破・墜落し乗客・乗員全員は全員死亡しました。

死者は乗客・乗員115人全員

大韓航空機爆破事件では乗客・乗員115人全員が行方不明となり、その後全員の死亡が認定されています。 旅客機の乗員は11人でした。乗客104人の多くは中近東に出稼ぎに出ていた韓国人で、国に里帰りの途中で命を落としてしまいました。 旅客機に時限爆弾を仕掛けた北朝鮮の工作員2人はアブダビで旅客機を降りバーレーンに向かいました。