すかいらーくが24時間営業を廃止へ

すかいらーくが24時間営業を全面廃止

  • すかいらーくホールディングスがグループ全店の24時間営業廃止を発表
  • 2020年1月から4月までの間に段階的に廃止される予定
  • 24時間営業見直しがファミレス業界で起こる可能性

人員不足とコスト削減

ファミレスチェーンを運営する外食大手の株式会社すかいらーくホールディングスは、1月20日にグループ店舗の24時間営業を全面廃止することを発表しました。 グループの全店約560店で深夜の営業時間を短縮し、人件費を抑えるとともに、優秀な人材をピーク時に集中させることが狙いとなっています。 24時間営業の廃止は現在24時間営業中のガスト、ジョナサン、バーミヤンの約150店に対して行われ、1月から4月にかけて段階的に実施されていく予定です。

働き方改革も影響

24時間営業の全面廃止は、すかいらーくホールディングスが推進する働き方改革の一環です。 すかいらーくホールディングスは従業員の健康や快適な職場環境を重視し、女性だけでなく高齢者の雇用充実も見越して、営業体制の見直しを図ってきました。これまでにも約550店で営業時間を短縮する実績を残しています。 2019年末には、すかいらーくホールディングスはグループ全体の8割に当たる店舗で年末年始の休業も行っていました。

すかいらーくグループの業績

すかいらーくホールディングスは外食大手会社としてファミレス業界で存在感を示してきましたが、近年は減益が続いています。外食産業には厳しい風が吹いているとも言えます。 グループの業績が悪化してしまった原因はなんだったのでしょうか?