カネミ油症事件は食用の米ぬか用油による食中毒事件

(画像:Unsplash

日本で起こった食品公害の中でも最大といわれているのが、「カネミ油症事件」です。発生から50年を過ぎたにも関わらず、様々な症状に苦しんでいる人が多数いる事件でもあります。 今回はいまだ終わらないカネミ油症事件の原因や発覚までの経緯、裁判の結果とその後の対策について紹介します。

カネミ油症事件の原因

(画像:Unsplash

カネミ油症事件は1968年に長崎県と福岡県を中心に、広島県・山口県・佐賀県など西日本一帯で発生しました。福岡県北九州市にあるカネミ倉庫株式会社が製造・販売していた、米ぬか油を食べた人の健康被害が報告された事件です。 ここでは、カネミ油症事件の原因について詳しく説明します。

カネミ倉庫が製造していた米ぬか用油

カネミ油症事件の原因は、「カネミライスオイル」という名の米ぬか用油です。カネミライスオイルは当時の西日本で、天ぷらやトンカツを揚げる際に多用されていました。 カネミライスオイルの人気が高かったのは、米ぬか用油は通常のサラダ油よりコレステロールが減ると宣伝されていたからです。 またカネミライスオイルは口当たりが軽かったこともあり、直接飲んでいた人もいたそうです。

カネミ油症事件の原因物質はPCBの焼却により発生したダイオキシン

カネミ油症事件の原因物質は、カネミライスオイルを製造する際に行われる脱臭の過程で発生しました。 カネミライスオイルの脱臭には、PCBと呼ばれるポリ塩化ビフェニルを熱媒体として使用していました。PCBを加熱すると、ダイオキシンが発生します。 工場の配管作業にミスにより熱交換菅のピンホールからダイオキシンが漏れ出て、カネミライスオイルに混入したのです。これが健康被害の原因となりました。