1分でわかる沙織事件

1分でわかるニュースの要点

  • 1991年にアダルトゲーム関係者と販売店が逮捕
  • きっかけは未成年によるアダルトゲームの万引きだった
  • 事件によってゲームの審査と規制を行う業界団体が設立

沙織事件の概要

沙織事件は1991年に発生した、1件の万引き事件によって引き起こされました。未成年の少年がアダルトゲーム「沙織 美少女達の館」を万引きしたところ、なぜか少年の万引き行為ではなく、ゲームの存在自体が問題視されたのです。これによって発売元や販売店が次々に摘発されました。

未成年が「沙織 美少女達の館」を万引き

1991年、京都府在住のある男子中学生が、ゲームショップからアダルトゲーム「沙織 美少女達の館」を万引きする事件が起きました。このゲームは当時7800円で販売されており、中学生にとっては高額な商品でした。 通常であれば、未成年が犯人の窃盗罪ということで終わるはずでしたが、この万引き事件が意外な展開を迎え始めます。 当時の社会は犯罪を犯した男子中学生ではなく、男子中学生が万引きしたアダルトゲームの方に注目しました。このアダルトゲームの販売店と販売元に対して、未成年の性的な興味を無闇に引く有害なコンテンツだとして、不当なバッシングを始めたのです。

当時は有害コミック騒動が盛んだった

沙織事件が起きた1991年当時は、主に漫画を中心とした悪書追放運動、いわゆる有害コミック騒動の真っ最中でした。 有害コミック騒動とは、青少年の健全育成を名目として、性的あるいは暴力的内容の漫画作品を排除する運動のことです。こういった運動は戦後まもなくから、PTAら父母の団体がリーダーとなって、何度のなく繰り返されています。 1990年から1992年頃は、有害コミック騒動が特に活発化した時期でした。その背景には日本中を騒がせた、1989年の宮崎勤の連続幼女殺人事件があります。宮﨑勤がオタク趣味だっため、無関係なアニメや漫画まで批判され、有害コミック騒動が激化したといわれています。