イトマン事件の概要

(画像:Unsplash

イトマン事件はバブル期を象徴する不正経理事件です。多額の資金が裏社会に流れたといわれていますが、未だもってその真相には謎の部分が多々残っています。 今回はこのイトマン事件にスポットをあてます。まずは事件の発端から伊藤萬株式会社がバブルの怪物達に食い物にされる経緯を見ていきましょう。

伊藤萬株式会社の経営悪化

大阪の中堅繊維商社であった伊藤萬株式会社(以下、イトマン)は1973年のオイルショックによる不況の影響を受け経営状況が悪化しました。 イトマンの主力銀行で会った住友銀行(現在の三井住友銀行)の磯田会長は懐刀であった河村良彦をイトマンの社長として送り込みその再建を図ろうとしました。 河村は強力なリーダーシップで製品在庫一掃を実現し、わずか2年でイトマンの経営を黒字経営に立て直しました。

イトマン事件の黒幕である許永中

一時期経営改善を果たしたイトマンでしたが、1985年のプラザ合意による急激な円高を背景とした繊維不況によって再び経営状況が悪化しました。 社長の河村はイトマンを繊維商社から総合商社への脱皮を図る拡大路線を取り状況改善を図ろうとしました。 これが裏社会とのつながりが噂されていた自称経営コンサルタントの伊藤寿永光と日本財界のフィクサーといわれていた在日韓国人の許永中を呼び込むことにつながったのです。

住友銀行は伊藤萬株式会社に多額の融資を行った

伊藤寿永光と許永中は経営改善を名目に怪しげな不動産取引きや美術品・貴金属取引を言葉巧みに河村に持ちかけました。 バブル全盛期の当時住友銀行は積極的な融資スタンスをとっており、次期社長を送り込むためイトマンとの関係強化を図ろうとしたこともあって、莫大な資金が住友銀行からイトマンに流れ込みました。 許永中がイトマンの持ちかけた絵画取引には住友銀行会長磯田の実娘も関わっていたとされています。