1分でわかる金子恵美

1分でわかる金子恵美

  • 金子恵美は若くして国政進出を果たした自民党の元国会議員
  • 任期中に国会議員の宮崎謙介と結婚、出産
  • 出産後に夫の不倫報道、その後の選挙では落選、政界を引退

金子恵美の経歴

まずは金子恵美の経歴について見てみましょう。若くして新潟市議、新潟県議、国会議員とステップアップした政治家としてのキャリアは優秀そのものです。しかし、一寸先は闇とは良く言ったものです。 なお、衆議院議員の政治家に金子恵美(かねこえみ)がいますが、こちらは福島県選出の民主党の政治家ですので、混同しないようにしましょう。

早稲田大学を卒業後新潟放送に勤務

金子恵美は、1978年新潟県に生まれました。父はかつて新潟県にあった月潟村という村の元村長の金子由征です。生まれながらにリーダー気質を備えていたのかもしれません。 高校までは地元の学校に通いますが、大学は東京の早稲田大学第一部文学部に進学します。大学卒業後は、地元の新潟放送(TBS系列)に入社します。 アナウンサーではなく編成局配属になり、CMを割り付ける仕事をしていました。

ミス日本関東などで活躍

その後、「顎関節症」という顎の病気を発症してしまい、治療に専念するため新潟放送は1年ほどで退職します。 快復後、2002年に「新潟県きものの女王」、2003年に「ミス日本関東代表」に選出されますが、社会復帰のためのきっかけにと彼女のお母さんが応募したそうです。 そのミス日本の際に知り合った人の紹介で、その後は、韓国に渡り職探しをしていたようです。決して順風満帆なキャリアスタートではなかったことがわかります。