シーメンス事件の概要

大正時代に政権をゆるがした出来事として有名なものに「シーメンス事件」があります。藩閥政治の終焉につながったドイツ企業が関わる一大疑獄事件です。 世界屈指と呼ばれたロシア海軍に匹敵する海軍を作り上げ、山本権兵衛内閣を総辞職に追い込んだシーメンス事件を説明します。

シーメンスはドイツの製造会社

シーメンス社は現存するドイツ企業です。現在でも電機や精密機械・交通・情報通信・医療など様々な分野でビジネスを行っています。 シーメンス社は大正時代にはすでに老舗企業で世界規模のビジネスを行っていました。 当時は第一次世界大戦前で日本の国内産業は海外企業に匹敵する技術力を持っていませんでした。そのため日本はドイツのシーメンス社をはじめ、イギリスのヴィッカーズ社などとも取り引きがありました。中でもシーメンス社からは軍艦や電信設備、照明器具などを輸入していたそうです。

シーメンス事件の発祥はカール・リヒテルの機密文書

シーメンス事件は社員のひとりであったカール・リヒテル氏が勤務していた同社の東京支店を解雇されたことが発端です。当時シーメンス社は日本海軍に軍艦や装備品を販売していました。しかし入札によって発注先を決めていたため、他社の情報を得る必要があったのです。そこでシーメンス社は情報提供の見返りとして海軍高官に発注代金の3.5~15%を賄賂として贈っていました。 シーメンス社に解雇されたカール・リヒテル氏は海軍高官への賄賂について書かれた機密文書を盗み出します。そして同社に対し事実を公表してほしくなければ現金を渡すよう脅迫しました。この事実が明るみに出ると、企業イメージが大きく損なわれることから同社はもみ消しを図りました。

シーメンス事件は海軍による汚職

シーメンス社が海軍高官に賄賂を贈るようになった背景には、当時同社の横浜支配人を務めていた吉田収吉氏の姪が海軍艦政本部で造船中監の地位にあった鈴木周二氏の妻だったことがあげられます。その関係を通じてイギリスのリスのヴィッカース社やアームストロング社の情報を事前入手し、それよりも安い入札金額で受注していました。 シーメンス社がその見返りとして購入代金の何%かを海軍高官に賄賂として贈ったことが始まりです。後にわかることですが日本海軍は他社からも賄賂を受け取っており、イギリス人名義でロンドンの銀行に秘密口座を持っていました。