福岡母子3人殺害事件の概要

(画像:Unsplash

福岡母子3人殺害事件とは福岡県小郡市で2017年6月6日に主婦の中田由紀子さん38歳と息子で小学4年の中田涼介さん及び娘で小学1年の中田実優さんが殺害された事件です。夫で当時38歳の福岡県警巡査部長だった中田充被告が逮捕・起訴されました。どのような事件だったのか見てみましょう。

元警察官が妻と子どもを殺害

中田充被告は事件当時福岡県警通信指令課に勤務する巡査部長でした。事件当日も午前6時45分頃に出勤し警察官として110番通報を受けています。 子どもが通う小学校が中田家の2人の子供が登校しないことを不審に思って母親の中田由紀子さんに電話をかけたもののつながりませんでした。その後 中田由紀子さんの姉が自宅を訪れて殺害された3人を発見しました。 3人の死因は絞殺です。中田充被告は家を出た時に3人が寝ていたと主張したものの、死亡推定時刻は午前6時半以前だと司法解剖で明らかになっています。

元警察官には死刑判決

福岡地方検察庁は2017年6月に妻の中田由紀子さん殺害容疑で中田充被告を起訴し、2018年2月には2人の子を殺害した容疑で追起訴しました。 2019年12月13日に福岡地方裁判所は中田充被告に死刑判決を言い渡しました。一般市民が審理を行う裁判員裁判によるものです。 中田充被告の事件当日の行動は不自然ですが、事件を起こした直接的証拠はありません。しかし裁判員は中田充被告が母子を殺害したと認定しました。