1分でわかる首都圏連続不審死事件

首都圏連続不審死事件とは

  • 2年間にわたって6名が不審死を遂げた
  • 婚活を利用した金銭目的の犯行
  • 裁判では死刑が確定

首都圏連続不審死事件の概要

(画像:Unsplash

「首都圏連続不審死事件」は、婚活を利用した殺人であったために「婚活殺人事件」や「婚活大量殺人事件」「婚活連続殺人事件」などという別名でも呼ばれています。 いったいいつ、どのようにして事件は起きたのでしょうか。ここでは事件の起きた経緯や連続して6人もの人間を殺害した犯人の目的などを順を追って解説していきます。

2007年から2009年にかけて起きた連続不審死事件

警察の調べにより2007年から2009年にかけてのわずか2年間で、ある女性の周辺で多くの男性が自殺としていることが判明し、自殺には共通点や不自然な点が見られました。 男性たちの不審死が明らかになったのは2009年に男性の遺体が発見されたことによります。そして、捜査の結果当時交際していた無職の女性が容疑者として浮かび上がりました。 女性には他に多数の愛人がいたことなどから、埼玉県警はその女性は結婚詐欺犯だと断定して逮捕に踏み切りました。

6名の不審死

犯人として逮捕された女性の周りでは捜査のきっかけとなった男性をあわせて6人もの人間が不審な死を遂げていることが発覚しました。 警察は女性を詐欺罪などで7度も再逮捕しましたが、殺人に関しては資料が乏しい状態にありました。すでに自殺として処理されていた事件もあったためです。 自殺として処理された案件の中には解剖をしていないものもあり、不審死のすべてを事件として立件するのは難しい状態にありました。