取引先に挨拶状を送付する

名詞の「greeting」にすると「挨拶」、「card」と合わせれば「greeting card(挨拶状)」として使うことができます。 ・I send a greeting card to him. (私は彼に挨拶状を送った) 「greeting」は「greetings」と「s」をつけて手紙やメールなどで使われる「おめでとう」「こんにちは」など、季節の挨拶として使うこともできます。クリスマスなどイベントに使うカードには「greetings!」とだけ書いてあることもあります。

「greet」の慣用句

(画像:Unsplash

「greet」を使った慣用句はいくつかありますが、その中でも覚えておくと便利なのが「greet the new year」「meet and greet」です。新年の挨拶や交流会など、ビジネスにかかわる場面で使うことができるのでこの機会に理解しておきましょう。 以下では例文を交えて解説していきます。言葉の意味と使う状況、使い方などを一緒に確認しておいてください。

「greet the new year」

「greet the new year」は「新しい年を迎える」という意味です。手紙だけでなく、口頭でも使うことができます。 「Let me express the greetings of the season to greet the new year.」 (新年を新しく迎えるご挨拶をいたします) 「greet the new year」は決まり文句のように使われる言葉で、それだけで使うこともあります。「welcome the new year」も同じ意味として使える言葉です。

「meet and greet」

「meet and greet」は有名人とファンの交流会です。歌手や作家、タレントとそのファンが集って交流を図ることを言います。 「Mariah Carey held a meet-and-greet at here.」 (マライアキャリーがここでファンとの交流会をした) 同じように有名人とファンが集うイベントには「handshake event(握手会)」もありますが、比較的身近な有名人が行います。比べて「meet and greet」は普段会うことができないスターとの交流が図れるものを表すことがほとんどです。