「deposit」の読みと意味

deposit(画像:pixabay

「deposit」とは、特に海外のホテルに宿泊するときに使われていたり、日本でも銀行お金を預ける時や商品の予約する時にこの言葉を聞くようになりました。 ここでは「deposit」の読みと意味を理解することで、ホテルなどで困ることもなくなり、ビジネスシーンでも役立てれるように解説していきます。

「deposit」の読みは「デポジット」

「deposit」の読みは「デポジット」と言いますが、発音記号は「dipa'zit」でカタカナで言うと「ディィパァズィトゥ」と言う発音になります。 注意点は「ズィ」の部分の「ィ」の発音です。「ィ」の発音は日本で言う「イ」と「エ」の間の音を出しますがどちらかと言うと「イ」の音を出すようにします。 しかし、出し過ぎると発音が変わってしまうので「イ」と「エ」の間の音と言うのを忘れないようにしましょう。

「deposit」の意味は「保証金」「預金」

「deposit」の意味は「保証金」「預金」と言う意味があり、海外では、ホテルにお客様が宿泊した時に備品などの破損や紛失の時の保険として「deposit」という「保証金」を先に頂いております。 また、日本でも銀行に「預金」する時にも使うことができ、商品を予約した時の無断キャンセルを防止するために「保証金」として使われているので商品を予約するときに確認してみてください。 これらはお客様との信頼関係を結ぶ行為として重要なものになっているので覚えておきましょう。

「deposit」のビジネスシーンでの例文

depositをビジネスで使う(画像:pixabay

「deposit」はお金に関する事ですので、ビジネスシーンではよく使います。 どのように使うか例文で見ていきましょう。