deposit(デポジット)を例文付きで解説!ビジネスマンには必須!

ビジネス英語

2019年3月3日

depositの意味をご存知ですか?depositはホテルに宿泊する際や、ビジネスの場面でよくでてくる英単語になります。depositを使いこなすことで海外で過ごしやすくなることは間違い無いでしょう。本記事では、類義語や例文なども紹介いたします。

「deposit」の読みと意味

deposit

「deposit」とは、特に海外のホテルに宿泊するときに使われていたり、日本でも銀行お金を預ける時や商品の予約する時にこの言葉を聞くようになりました。 ここでは「deposit」の読みと意味を理解することで、ホテルなどで困ることもなくなり、ビジネスシーンでも役立てれるように解説していきます。

「deposit」の読みは「デポジット」

「deposit」の読みは「デポジット」と言いますが、発音記号は「dipa'zit」でカタカナで言うと「ディィパァズィトゥ」と言う発音になります。 注意点は「ズィ」の部分の「ィ」の発音です。「ィ」の発音は日本で言う「イ」と「エ」の間の音を出しますがどちらかと言うと「イ」の音を出すようにします。 しかし、出し過ぎると発音が変わってしまうので「イ」と「エ」の間の音と言うのを忘れないようにしましょう。

「deposit」の意味は「保証金」「預金」

「deposit」の意味は「保証金」「預金」と言う意味があり、海外では、ホテルにお客様が宿泊した時に備品などの破損や紛失の時の保険として「deposit」という「保証金」を先に頂いております。 また、日本でも銀行に「預金」する時にも使うことができ、商品を予約した時の無断キャンセルを防止するために「保証金」として使われているので商品を予約するときに確認してみてください。 これらはお客様との信頼関係を結ぶ行為として重要なものになっているので覚えておきましょう。

「deposit」のビジネスシーンでの例文

depositをビジネスで使う

「deposit」はお金に関する事ですので、ビジネスシーンではよく使います。 どのように使うか例文で見ていきましょう。

取引先に保証金を支払う

「deposit」を名詞で使うと「保証金」と意味になります。結婚式場を借りるときの契約の会話ではお金の話がよく出できます。 また、「deposit」は名詞と動詞では少し意味が変わってきます。どこで使われているかを聞き取り間違えないようにしましょう。 ・How about a hall like this? A deposit is required 3days later in this ceremonial hall.(このような式場はいかがでしょうか。ここの式場だと3日後までに保証金が必要になります。) ・Thank you!Pay a deposit because I liked the individual ceremony.(ありがとうございます!ここの式場が気に入ったので保証金を支払います) また、「deposit」とは取引先にお金を「預ける」と言う意味もあるので「預け金」として訳しても問題ありません。

口座に預金する

「deposit」を動詞で使うときに「預金する」言う意味があります。ビジネスシーンで「deposit」を使っても不適切にはなりません、このように使いましょう。 ・May I deposit in the bank because the due date of payment will be tomorrow?(支払期限が明日の為、銀行で預金しても良いでしょうか) また、「deposit」は他にも「預ける」「預けられる場所」という意味もあり、また現在進行形の「depositing」にすると「入金」と言う意味になります。社内で入金について会話をするとこのようになります。 ・I want you a depositing this month's sales to the company's account.(今月の売上金を会社の口座に入金しておいてくれないか) ・Then I got a depositing in the bank yesterday.(それなら昨日銀行で入金しました。)

「deposit」の類義語は「pay」

「deposit」の類義語は「pay」といい「支払う」と言う意味があります。 「deposit」と「pay」は同じく、お金を「相手に渡す行為」の事を言いますが「deposit」は「預金」や「保証金」などのお金が返ってくる行為を指し、「pay」は「支払う」「返済する」などお金が帰ってこない行為を指します。 その事から、アプリでよく聞く「pay」は「預金」ではなく「支払う」と言う意味で使われています。 金融関係では「pay」も良く使う時代になっていますので、同様に覚えておきましょう。

まとめ

deposit

「deposit」の意味や使い方は理解できたでしょうか?「desipot」は相手との信頼を結ぶための「預り金」です。海外のホテルではほとんどが「deposit」を利用していますので宿泊先で気を付けておきましょう。 また、日本でもビジネスの中で多く「deposit」の利用を見かけます。キャッスレス化が進んできているので現金ではなくクレジットカードを使い「deposit」を使用するほうがお得な場合もあります、そちらもぜひ検討してください。


関連記事