コアコンピタンスとは

現代ビジネスにおいて、独自の強みを持たない企業や製品はコモディティ化によって価格競争に陥ってしまいます。つまり、価格以外に決定的な強みを持つ必要があるのです。 まずは企業の強みとしてのコアコンピタンスとはどういうことなのか、よく似た言葉のケイパビリティとの比較もまじえて解説します。

コアコンピタンスの意味は「ある企業独自の強み」

コアコンピタンスとは「顧客に対して他社にはまねのできない自社ならではの価値を提供する企業の中核的な力」、つまり「自社独自の強み」のことです。1990年ゲイリー・ハメル氏とC・K・プラハラード氏によって発表された論文の中で定義されました。 技術や製造ノウハウに限定される場合もありますが、一般的にはマーケティング力やブランド力なども含んだ企業のバリューチェーン全般の広い概念として使われています。

コアコンピタンスとケイパビリティの違い

ケイパビリティはコアコンピタンスから少し遅れて登場した言葉ですが、現在では両者は「企業の強み」という意味でほとんど同じ使われ方をしています。 ニュアンスの違いとしては、コアコンピタンスが技術やノウハウなど企業の核となる「点」的な強みを指すのに対して、ケイパビリティは企業における組織としての総合的な強みを指します。例えば、商品の特徴はコアコンピタンス、販売網の強さはケイパビリティ、と言うことができます。

コアコンピタンスは英語でcore competence

コアコンピタンスは英語で「core competence」と表記します。「core」が「中心」、「competence」が「能力」という意味です。 「competence」は「競争する」という意味の動詞「compete」に由来し、「競争に勝つことができる『能力』」というニュアンスがあります。そのため、コアコンピタンスという言葉が「自社独自の」といった競争力の高さを意味合いとして含んでいます。