1分でわかるM資金

M資金とは

  • GHQが接収した財産の一部が流用されてできた秘密資金
  • 黒幕やフィクサーの存在が噂されている
  • M資金詐欺が横行

M資金は秘密資金とも呼ばれ黒幕の噂もある

M資金とは一説によると戦後日本を占領下においたGHQが接収した財産の一部を流用して作られた、秘密資金ではないかといわれています。 また、M資金と名付けられた秘密資金をうまく隠匿し、運用するための黒幕もいるのではないかといわれています。 M資金の噂には黒幕やフィクサーの存在がついて回ります。誰かが裏で操っているのではないか、ひそかにM資金を運営しているのではないかと、まことしやかにささやかれています。 しかしM資金自体が本当にあるかどうかも分からない架空の秘密資金であるため、黒幕の存在もあくまで噂の域を出ず、すべては謎のままです。

M資金に関する通説

(画像:Unsplash

M資金にはさまざまな通説が存在します。その資金の出どころもGHQが押収した財産であるとか、複数の資金の統合であるとかいわれています。 戦時中の軍需物資や戦後に行方不明になった資金など、どこに行ったのかわからないそれらの莫大な資産が、M資金の話に真実味を持たせています。M資金にはどのような通説がささやかれているのかを見ていきましょう。

GHQによって押収された資金の一部

M資金の噂の出どころは、正確なところがわかっていません。通説の一つに、日本が米軍の占領下にあった時に押収された資金の一部なのではないかというのがあります。 政府としてはすでにGHQに押収された日本の財産はすでに返還されたと見解を発表しています。そもそもGHQに押収された資金は戦後の日本復興などに使用されています。 しかしその資産の流れに一部不明な部分があり、そういったところがM資金が実在するのではないかという噂が根強くささやかれる要因となっています。