天才・ビルゲイツ

ビルゲイツとは

  • 高校時代からコンピューターの魅力にのめり込む
  • マイクロソフトを設立し大企業へと育て上げる
  • 資産を使って慈善活動を行う

ビルゲイツの経歴

ビルゲイツは幼少期からコンピューターが大好きな少年でした。新しい物に目を奪われる好奇心旺盛な子供だったのです。 そんな名もなき少年が、たった一代で莫大の資産を築き上げるまでの道のりを解説していきます。

幼少期

子供時代のビルゲイツは大変な読書家で、辞書やサイエンスフィクションの本を熟読していました。食事中も本を読んでしまうほどで、両親から注意されることもあったようです。 またコンピューターに関する関心が非常に強い少年でもありました。当時はまだコンピューターが世に出て間もない時代だったにも関わらず、13歳の時には大人以上に使いこなしていたのです。 この幼少期の経験がマイクロソフト設立に大きく関係していました。

学生時代

シアトルにある私立中学に入学するとコンピューターへの関心はさらに高まることになります。学校の近くにあった会社で最新コンピューターに触ることができたのです。 高校に進学する頃にはプログラムが組めるようになっており、コンピューターに関するアルバイトを始めます。 アルバイト先では仕事の傍らにハッキングを行っていました。それはコンピューターの使用量を誤魔化すためでしたが、結局会社にバレてクビになってしまいます。