全日空に対して2020年の納入を目指していた

スペースジェットの納入延期は今回で6度目となります。 三菱重工業の発表によると、配線や電子機器などの設計変更が900カ所以上発生し、機体の安全性を国が証明するTC(形式証明)取得時に使う飛行試験機の完成が滞ったことで初飛行が遅れているとしています。 今回のスペースジェットは通算で10号機となり、今年の6月に完成していました。

納入は21年以降になる見込み

三菱重工業は当初の2013年の納入スケジュールより大幅に遅れており、2019年10月31日に地域航空会社3社を持つ米トランス・ステーツ・ホールディングスが最大100購入する契約をキャンセルしています。 ローンチカスタマーであるANAホールディングスの発注が25機で、内訳は確定15機とオプション10機、また日本航空は32機全ての発注を確定しています。 ANAホールディングスへの納入は2021年以降になる見通しで、ANAは「東京オリンピック大会までの納入を期待していたが、2021年度以降になると聞いて残念」と語っています。

三菱航空機の社長は交代

スペースジェットを開発する三菱航空機は今月6日、都内で開かれた2019年4~12月期決算の正式発表の席で三菱航空機の新人事を発表しました。 同社によると4月1日付けで、会長には社長を務めていた水谷久和氏が就任し、米国三菱重工業の丹羽高興氏が社長に就任します。