「たくさんの種類」の英語表現

「たくさんの種類」は「many kinds of」「a lot of kinds of」となります。「kinds」は他の英単語に変えられますが、「variety」では「a wide variety of〜」と言います。 ・Many kinds of parts are sold. (たくさんの部品が販売されている。) 例文では漠然と種類のことを話し、「many kinds of」となっています。

「何種類か」を尋ねる際の英語表現

「何種類か」を尋ねる時には「how many kinds of〜」を使います。また「kinds」の部分は聞く内容によって「types」「variety」など、前の見出しで紹介した単語に変わります。 ・How many types of PCs do you sell? (何種類のパソコンを販売していますか。) 例文ではパソコンの「型」の種類を聞いているので、「types」が使われています。

「どんな種類か」を尋ねる際の英語表現

「どんな種類か」を聞く時は「what kind of A+主語と述語のある文」を使います。 ・Please tell me what kind of fiber you have. (どんな種類の繊維があるか教えて下さい。) 例文では「Please tell me」の後に、「what kind of fiber」が来ています。もちろん疑問文として使うこともできます。

様々な「種類」の英語表現

様々な英語表現

様々な英語表現(画像:Unsplash

前の見出しでは単語に限らず、様々なシーンを想定して「種類」を表現する方法をご紹介しました。 ここからは「映画」「スポーツ」「音楽」という3つのシーンで「種類」を表現する時の方法をご紹介します。ここで初めて紹介する表現方法もありますが、日本語でもよく使われる表現なのですぐに理解できると思います。