新宿西口バス放火事件の概要

新宿西口バス放火事件は1980年8月19日の21時過ぎ、新宿西口バスターミナル20番乗り場で発生しました。当時発車待ちのために停車していたバスに、火とガソリンが投げ込まれたことで爆発・炎上した事件です。 ここでは新宿西口バス放火事件の概要について、詳述します。

建設作業員の丸山博文が新宿西口のバスにガソリンを撒き放火

1980年8月19日の21時過ぎに建設作業員の丸山博文は、新宿西口バスターミナル20番乗り場に停車していたバスの後部ドアに近づきました。そして火のついた新聞と一緒に、ガソリンの入ったバケツを投げ込みます。 バーンという爆発音が響いた瞬間、バスの車内は炎に包まれました。その火柱は天井を突き刺す勢いで、車内にいた乗客は逃げ惑います。 通報を受けた消防車がすぐに到着しましたが、火を消し止めるのは容易ではなかったようです。

6人が死亡し14人が重症を負った

炎を消し止めた車内を検証した消防職員は、すでに炭化した3体の遺体を発見しました。それ以外の被害者はすぐに病院に搬送されましたが後に3人が亡くなり、死者は6人となっています。 また車内にいた14人が、重軽傷を負いました。最も被害が重かった女性は、全身の88%に火傷を負っています。 また新宿西口バス放火事件の中には自分は生き残ったものの、夫を亡くした女性もいました。