SOS遭難事件の概要

1989年7月24日、大雪山系の黒岳から旭岳に向かう途中で、男性登山家2名が行方不明になりました。北海道警は2名を保護しましたが、それと前後してSOSサインを発見しました。北海道警は別の遭難者の可能性を考えて、捜索を続行したところ、SOS遭難事件の白骨遺体が発見されたのです。

大雪山で倒木で作られたSOSが発見

7月24日午後、遭難した登山家2名を捜索していた北海道警のヘリコプターは、旭岳の忠別川源流で不自然な倒木を発見しました。 シラカバの倒木がSOSの文字に見立てて組まれており、人の手で作られたのは明らかでした。 SOSの文字は複数の倒木を組み合わせており、文字の一辺は5メートルにも達していたとのことです。上空からの視認性は高く、1989年に北海道警が発見する数年前にも、空中写真で撮影された記録が残っていました。

遭難者を救出するもSOSを出した本人ではない

北海道警は当初、SOSサインを登山家2名が作ったものと考えました。ヘリコプターが付近を捜索した結果、数キロ北で無事に登山家2名を救助することに成功しています。 しかし救出された登山家2名がSOSサインについて、自分達が作ったものではないと話したことから、事態は一変しました。 北海道警は別の遭難者の可能性があると見て、捜索を続行しました。