避けては通れない東出昌大さんと唐田えりかさんのリスク

3つのリスク

  • 慰謝料請求のリスク
  • 離婚のリスク
  • イメージダウンのリスク

慰謝料請求のリスク

まず、不倫をしてしまった2人は、東出さんの妻の杏さんから、慰謝料請求をされうる立場にあります。 配偶者のある人が、配偶者以外の異性と性的関係を持ってしまうことを、法律上は「不貞行為」といいます。不貞行為をされたことにより夫婦生活の平穏を害された妻は、2人に対して慰謝料を請求することができるのです。

一般的な慰謝料

不倫による慰謝料の金額は、夫婦の婚姻期間の長さ、不倫期間の長さ、夫婦に子どもがいるかどうか、夫婦の関係が破壊された度合いの大きさ(別居や離婚をしたかどうか)、不倫の悪質性などによって変わってきます。

今回の東出昌大さんのケースは?

今回の件についてみると、杏さんと東出昌大さんの婚姻期間は、約5年と、決して短くはありません。記事によると、不倫が始まったのは3年前とのことであり、婚姻期間の半分以上にも及びますから、不倫の期間は長いといっていいでしょう。また、東出昌大さんは「もう唐田えりかと会わないし連絡もしない」と杏さんに約束をしていたにもかかわらず、実はその後も関係が継続していたことが発覚しているという点は、悪質とも評価できると思います。子どもが三人おり、まして、不倫を始めた時期は、杏さんが第三子を妊娠していた時期のことであるとのことですから、杏さんが被った精神的苦痛は本当に大きいものでしょう。 今後、夫婦関係が続くかどうかというところ次第でもありますが、いずれにせよ、2人は杏さんに対し、高額の慰謝料を支払わなければならない可能性があります。