クラスターフェスに対する批判が殺到

1分でわかるニュースの要点

  • 国民主権党の平塚正幸氏が渋谷でイベント開催
  • 故意に新型コロナクラスター感染を起こしていると批判
  • 日本の感染例の少なさを政治批判や陰謀論に転嫁

クラスターフェスとは

クラスターフェスとは、平塚正幸氏の飛びかけて行われたデモ活動のことです。主な参加者は平塚正幸氏の賛同者、国民主権党の関係者といわれています。平塚正幸氏は一貫して新型コロナウイルスの毒性を疑問視しており、政治批判に繋げています。

国民主権党の平塚正幸氏が主導

一連の騒動を主導したのは平塚正幸氏です。千葉県船橋市出身の38歳で、2003年に明治大学を中退し、2014年頃から不正選挙を正す社会活動を開始しました。 社会活動開始前に違法な転売行為をしていたともいわれていますが、さだかではありません。 平塚正幸氏は2019年参院選でN国党(NHKから国民を守る党)から出馬したにも関わらず、同党に批判的な政見放送で話題になりました。彼はのちに離党し、2020年の東京都知事選に向けて国民主権党を設立しました。

平塚正幸氏の思想

平塚正幸氏は現在の自民党政権の政策ならびに、世界的に広く推奨されている新型コロナウイルス対策を強く批判しています。主な主張は以下の3つです。 ・新型コロナウイルスは風邪と同じ ・犠牲者は新型コロナウイルス以外の理由で亡くなった ・世界の支配層は新型コロナウイルス騒動を利用し、都合の良い社会に作り替えようとしている これらの主張はいずれも論拠に乏しく、抗議活動の集会がクラスター感染の原因にもなることから、平塚正幸氏とクラスターフェスは大きな批判に晒されています。