ロットとは

ビジネスに携わっていると「ロット」という言葉を耳にすることがありますが、あなたはこの「ロット」という言葉の正しい意味をご存知ですか。 この記事では「ロット」の使い方や例文も紹介していきますが、まずは「ロット」の意味や語源である英語表現について確認していきましょう。

ロットは工場などで主に用いられる言葉

「ロット」とは「同一条件のもとで生産される製品の、最小製造・出荷単位」のことですが、製造業界で使われることが多い単語です。 この「ロット」を決めることで、生産作業や生産数管理を効率化することが出来るようになります。また生産の最小単位を決めることで規模の経済が働き、製品一つでは低い利益率を向上させることが出来ます。さらには利益率の最大化のためには「ロット」ごとの最適な生産量を決める必要があります。

ロットは単位のこと

「ロット」は先述の通りの意味ですが、実際に使う場合には「1ロット、2ロット」のように生産した製品の単位として使います。この1ロットが実際に商品いくつのことを言っているのかは、製造業者によって異なります。 ただし、「1ロット」と言った場合は必ず「同種の製品の最小単位」のこと言っているので、異なる製品の製造単位を言う場合には「製品Aを○ロット」「製品Bを△ロット」と分けて表現する必要があります。

ロットの英語は「lot」

「製品の最小製造単位」の他に「人の群れ」「運命」「分け前」「沢山あること」などの意味があります。 ・We ordered 300 lots from the vendor. (仕入先に300ロット発注した。) 例文では日本語の「ロット」と同じ意味の「製造単位」として「lot」が使われています。「人の群れ」として使う場合は「A tough lot」で「タフな奴ら」のように使います。