庇護とは

「庇護」という言葉に会話や文章の中で出会うことがあります。「庇護」という言葉は漢字が難しく、何となく意味が理解できてもどのような場面で使う単語なのか戸惑ってしまう人も多くいます。まず「庇護」を構成する漢字から読み方や意味を解説していきます。

庇護の読み方は「ひご」

「庇護」の読み方は「ひご」です。 「庇」という漢字はあまり見慣れない漢字ですが、訓読みは「かばう」です。また雨や日光を防ぐため窓やドアに取り付けられる「ひさし」という意味もあります。 「護」という漢字は「保護」「護身術」「弁護士」など様々な熟語で使われる漢字です。「まもる」は「守る」と表記することが一般的ですが「護る」と表記することもできます。

庇護の意味は「弱者をかばったり守ったりすること」

「庇護」の意味は「弱者をかばったり守ったりすること」です。 客観的な立場から守るというより、対象に思い入れがあったり肩入れしている様子を表します。また直接的な危険や脅威が迫っているわけでなくても、将来的な危険や脅威に備えて大切にする様子も意味します。 「庇護」の対象は子供や、社会的に苦しい境遇にある人々などです。たとえば差別を受けている人、虐待や何らかの被害に遭っている人などです。

庇護の類語・対義語・英語

ここまでは「庇護」の漢字の構成を参考にしながら意味や読み方を説明しました。「庇護」には類語もたくさんあるため、ニュアンスの違いを理解して使い分けることが大切です。 また英語表現を理解することで、国際的なコミュニケーションが必要とされる場面でも適切な言葉選びができます。