「足元にも及ばない」の意味と語源や由来

(画像:Unsplash

「足元にも及ばない」という言葉の意味は、どのように説明すればよいでしょう。 語源もしくは由来にあたる状況をイメージし言葉の細かいニュアンスをつかんでみたいと思います。

「足元にも及ばない」の意味は「全く敵わない」

「足元にも及ばない」という言葉は、AとB2者の能力や身分、経験値などの差が激しく「全く適わない」という意味になります。 「足元にも及ばない」は慣用句ですが、意味をより深く理解するためにそれぞれの言葉を想像してみましょう。

「足元にも及ばない」の語源や由来は「身長で、ある人の足元にも届かない」

「足元にも及ばない」という慣用句の由来もしくは語源的な場面設定として、ここでは「背くらべ」をイメージしてみます。 背くらべにおいて一方の身長がもう一方の「足元にも及ばない」という状況はなかなか想像しにくいのではないでしょうか。 すなわち「足元にも及ばない」という状況は、現実にはありえないかなり極端な差がある状況が思い浮かびます。 「足元にも及ばない」という言葉の背景には、大きな差が存在するという意味が隠されていることを意識しておくとよいです。

「足元にも及ばない」の使い方とその例文

(画像:Unsplash

「足元にも及ばない」という慣用句について、意味とイメージを整理できたところで次に慣用句の使い方を確認しまた実際の例文を取り上げてみたいと思います。 この慣用句の使用法について、とくに最初に注意しておくことは漢字についての話です。 また、実際の例文については小説に登場する事例を集めてみました。より的確で実際的な用法を整理していきましょう。