ワークライフバランスとは仕事と私生活の両立

内閣府や厚生労働省が定義するワークライフバランスの意味は、「仕事と生活の調和」です。 ワークライフバランスが取れた社会とは、やりがいと充実感を持って働きながらも、労働者の「健康的な生活」「プライベートの時間」「性や年齢に関係ない生き方の選択」が保障されている状態を指します。 解釈は諸説ありますが、「仕事にやりがいがあるからプライベートも充実する」「私生活が楽しいからだから仕事に打ち込める」、こうした仕事と私生活の両立による相乗効果が基本的な考え方です。

人々が仕事を得て働くことができる

いわゆる「ライフ」の部分が取り上げられがちですが、まず「一人ひとりが仕事を得て、経済的自立と生活基盤を得ている」ことが、ワークライフバランスを成す根幹の1つです。年齢や性に左右されず、自由かつ多様な仕事を選べ、やりがいを持って働けることこそが大前提となります。 また、育休や介護休暇が気軽に取れる等、個々人に応じた柔軟かつ公正な働き方・生き方を選べることも重要です。 就労し安定した収入を得ることが、将来のキャリア形成や結婚・子育てにかかわるライフプランの実現につながる、これが「ワーク」の部分の考え方となります。