今回の逮捕で芸能界復帰の道は消滅か?

山口達也容疑者の周辺では山口達也容疑者の芸能界復帰のために株式会社の設立などが進められていました。しかしながら、今回の事件で山口達也容疑者の復帰計画に大きな狂いが生じることとなってしまっています。

山口達也復帰のために作られたとも言われる株式会社TOKIO

TOKIOのメンバーでは長瀬智也が2021年3月末でジャニーズ事務所を対処することが発表されているのに対して、城島茂・松岡昌宏・国分太一の三人は株式会社TOKIOを設立することが発表されていました。 城島氏らはこの会社に他のタレントを受け入れることはしないと発言しているものの、山口達也容疑者をまずはスタッフとして受け入れるのではないかと見られていました。 しかしながら、今回の酒気帯び運転によって山口達也容疑者はその可能性を自らの手で握りつぶすこととなってしまいました。

幾度となく復帰が噂も今回で完全消滅したのか?

TOKIOのメンバーが山口達也容疑者の受け皿を用意していたにもかかわらず、酒気帯び運転逮捕されてしまったことから、かつて酩酊状態で強制わいせつ事件を起こしてしまったことへの反省が生かされていないことも発覚してしまいました。 これまでにも山口達也容疑者には幾度となく復帰の噂がありましたが、山口達也容疑者が復活できると信じてきたTOKIOのメンバーの期待を裏切るような行為をしてしまったことによって、山口達也容疑者の復帰は非現実的なものになってしまったと言えそうです。