Google Playカードとは

Google

Google(画像:Unsplash

「Google Playカード」とは何か知っていますか。Google Playカードとは先払い方式を取り入れた「プリペイドカード」のことです。Google Play Storeにあるアプリなどを購入する際に、利用できる電子版のギフト券を指します。 コンビニで販売されているので、知ってる方も少なくないでしょう。それでは、「Google Playカード」の使い道をはじめ、購入場所やチャージ方法をお伝えしていきます。

Google Playカードの使い道

Google

Google(画像:Unsplash

「Google Playカード」の使い道が何か知っていますか。Google Playではミュージックや映画など様々なコンテンツを利用できます。 AndroidだけではなくiPhoneでも使えるので、万能なプリペイドカードです。ただ、アプリに関してはAndroidのみ対象です。それでは、カードの使い道を5パターン紹介します。

①アプリの購入と課金

1つ目は、Androidにおける「アプリの購入と課金」です。内容としては、ソーシャルゲーム内で使用する通貨を購入する場合、あるいはアプリ自体をインストールすることが大半を占めています。多くの方が利用する使い道でしょう。 また、「Google Play カード」限定のキャンペーンでゲーム内のアイテムを獲得することができます。低価格で買うことができるアプリであったとしても、クオリティの高いゲームが多数あるのでぜひ活用してみてください。

②映画やテレビのコンテンツ

2つ目は、「映画やテレビのコンテンツ」です。「Google Playカード」を使用することで、映画やテレビを購入やレンタルサービスの利用ができます。全体的な相場ですが、購入が2000円でレンタルが500円です。 また、セールが行われる時には、購入が500円〜1000円でレンタルが100円という相場に変わります。なおレンタルの有効期限が、「30日後あるいは再生開始から48時間」と決まっているので注意してください。