年収650万で子供が幼稚園に通っている場合の養育費

年収650万円の家庭がお子さんを幼稚園に通わせる場合、保育園と比較するとどのくらい費用が変わるのかが気になる人もいることでしょう。まず幼稚園の預かり時間は1日4時間が基本です。それを超えると延長保育となり、別途料金がかかります。 ここではお子さん1人が公立または私立の幼稚園に通う際にかかる費用について説明します。

授業料

文部科学省が発表した「子どもの学費調査2016年度」によると、幼稚園の場合は世帯年収ではなく一律で授業料を徴収しています。しかし、公立か私立かによってかかる金額に幅が出ます。 そこで、お子さん1名にかかる費用を算出してみました。私立幼稚園の年間平均額を見ると、授業料は120,546円でした。一方の公立幼稚園の年間平均額は授業料が62,049円13,825円となっています。

その他費用

幼稚園でも保育園と変わらず、授業料以外の費用が必要です。まず給食費ですが私立幼稚園は20,418円が平均額です。公立幼稚園は給食の回数に応じて徴収されたり毎月定額で支払うなど様々なので、各園に問い合わせすることをおすすめします。 私立幼稚園における年間の幼稚園外活動費は、平均で92,983円だそうです。公立幼稚園では幼稚園外活動費が、項目ごとに細分化されています。具体的には修学旅行・遠足・見学費が2,031円、図書・学用品・実習材料費等が8,576円が1年にかかる平均的な費用として、別途徴収されているようです。

年収650万で子供が中学校に通っている場合の養育費

年収650万円の家庭でお子さんが中学校の進学する際にも、小学校時代より費用がかかります。そしてお子さんが通う中学校が公立なのか、あるいは私立かで負担する金額が大きく違います。 ここでは年収650万円の家庭が、お子さん1人を中学校に進学させた場合にかかる費用について説明します。