狭山事件は女子高生が殺害された事件!冤罪や不審死やトトロとの関係に迫ります!

経済

2019年9月8日

昭和の時代に起こった未だに謎が残る事件が幾つかありますが、「狭山事件」もその一つです。今日でも冤罪事件として再審査請求が続いているようです。今回ビジキャリではこの「狭山事件」を取り上げます。事件の経緯だけでなく、真犯人と思われる人物や関係者の不審死にも迫ります。

狭山事件は女子高生の殺人事件

昭和に起こった未解決の冤罪事件として有名なのが「狭山事件」です。被害者は高校1年の女子高生で、1963年5月に埼玉県で発生した強盗強姦殺人事件として扱われています。 ここでは「狭山事件」がどんな事件だったかについて、経緯も含めて説明します。

狭山事件の概要

狭山事件は1963年5月1日に発生し、もともとは誘拐事件でした。被害者である中田善枝さんの帰りが遅いことを心配し探していた兄が、自宅に脅迫状が届いていることに気付き警察に通報します。 捜査員が張り込んでいる中で身代金の受け渡しが行われますが犯人は逃走、翌日に善枝さんは無残な姿で発見されました。ここでは、事件の概要について詳述します。

農家の女子高生の元に脅迫状が届く

誘拐事件発生当日は、被害者である中田善枝さんの誕生日でした。激しい雨が降ったその日、善枝さんは夕方になっても帰宅しませんでした。 心配した善枝さんの兄である長男が学校まで迎えに行き、用務員に下校したことを確認します。その後いつも利用している入曽駅にも足を運びましたが、善枝さんはどこにもいませんでした。 そこから郵便局など立ち寄りそうなところを回り、諦めて自宅に戻ります。そして自宅のガラス戸に脅迫状が挟まれていることに気づいたのです。

犯人との交渉、確保に失敗する

脅迫状は当て字だらけでしたが、身代金として20万円を要求していました。長男と父親は封筒には善枝さんの身分証明書が同封されていたこともあり、駐在所に脅迫状を届けました。その後巡査に促され、共に狭山署に向かいます。 誘拐事件と判断した狭山署は捜査本部を開設し、5月3日に自宅と身代金の受け渡し場所として指定された「さのヤ」という酒屋で張り込みを始めます。二女が身代金を持参し犯人と接触しますが、捜査員は取り逃がしてしまいました。

後日、女子高生が遺体となって発見される

犯人が逃走した後、狭山署は公開捜査に踏み切ります。そして5月3日の午前3時からは、警察犬2頭による追跡も行われました。 しかし翌日である5月4日、善江田さんは狭山市内で遺体となって発見されます。農道に埋められていた遺体を掘り起こすと手足は紐や縄で縛られており、膝まで下着が下ろされていました。 司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる絞殺でした。そして善枝さんが強姦の末に殺されたことも、明らかになりました。

1/5

続きを読む

関連記事