「similar」の意味と使い方

「similar」は「シミラー」と読む英単語です。「similar」を日本語に訳すと日常やビジネスシーンで比較的頻繁に使うある言葉になります。 以下にて「similar」の意味や、使い方に役立つ覚え方などについて解説します。「similar」は覚えておくとちょっとした英会話などにも役立つ単語ですのでぜひこの機会に覚えておいてください。

「similar」の意味は「よく似た」

「similar」とは「よく似た」という意味の形容詞です。日本語でも「よく似た兄弟」「AとBはとても似ている」などと使う「似た」です。 「similar」の前半部分である「sim」を使った言葉で「similar」と似た意味を持つ言葉は多く、「similarity(類似)」「similarly(類似して)」などがあります。 どれも「似ている」という表現をしたいときに使いやすい単語なので、関連して覚えておきましょう。

「similar」は「be similar to」で覚える

「similar」という単語は「be similar to~」という形を覚えておくと簡単に使うことができます。「be」の部分にはis・am・are・was・wereなどが入り、「to」の後には似ている対象となるものを入れます。 ・My sister and I are similar to our father. (私と姉は父親によく似ている) このように「A be similar to B」と覚えておくと似ているものを当てはめるだけで英語として伝わります。

「similar」を用いた例文

ビジネスシーンや日常の英会話で使える「similar」を用いた2つの例文を以下でご紹介します。 ひとつはビジネスシーンで使いやすい「同じ型のモデル」という意味の例文、もうひとつは会議やディスカッションで使える「似た意見」という意味の例文です。 「similar」を使う状況をイメージしながら確認してください。