虚言癖の読み方とは?

(画像:Unsplash

虚言癖はキョゲンヘキと読みます。 書いてと言われると難しいですが、よく耳にする言葉なので読める人は多いのではないでしょうか。

虚言癖とは?

(画像:Unsplash

さて、虚言癖の意味をご存じですか? 基本的には「嘘つき」の意味で考えてもらって結構ですが、実はちょっぴりニュアンスが違うのです。 嘘に嘘を重ねてしまい、現実と嘘の区別がつかない病気のことです。 また、嘘をついている自覚がないのも虚言癖の特徴なのです。 学者であるアントン・デルブリュック(ドイツ)によって1891年に提唱されたようです。 また、虚言症とも呼ばれます。

虚言癖を英語で言うと?

虚言癖を英語で表すと ①pathological lying (パソロジカルライイング) 直訳すると病的な嘘つき ②mythomania(ミソメニア) この他にもいくつか英語で虚言壁を表す言葉はありますが、上記の二つが多く使われます。

虚言癖の特徴とは?

虚言癖の特徴をご紹介します。 何だか変だな?と思っていたり、嘘つきだと思って避けていた人が実は虚言癖かもしれません。 虚言癖の特徴は個々により異なります。 挙げればキリがありませんが、多く見られる特徴を簡潔にまとめました。