「subject」の意味と語源

(画像:Unsplash

「subject」はビジネスシーンに限らず、学校や研究の場などでも耳にすることが多い英単語です。一語で複数の意味を持っており、ビジネスシーンでは特にメールでよく使われています。 正しく「subject」を使いこなせるように、まずその意味と語源について説明します。

「subject」の意味は「話題」「題名」

「subject」は、品詞によって意味が異なります。品詞による意味の違いは、以下の通りです。 「他動詞」では「する・行う・(受け)させる・支配する・服従させる」など、「名詞」では「主題・題目・議論・テーマ・科目・教科・主語・主部・主題・題材・被写体・対象者・被験者」など、「形容詞」では「~の支配を受ける・~の権力化にある・~しがちな・~にさらされる」などです。 ビジネスシーンでは「話題」あるいは「題名」という意味で、使われるのが一般的です。

「subject」の語源

「subject」の語源は、投げるを意味する「ject」です。「subject」はそもそも「副題を付ける」という意味の「sub」と「ject」の2語から成り立っており、支配に置かれた人というのが原義とされています。 そのため立憲君主制が続くイギリスでは、国民を「British subject」ということがあります。

「subject」を用いた例文

(画像:Unsplash

ビジネスシーンで「subject」は「話題」「題目」という意味で、会話より文章で多く用いられる英単語です。文面によって「subject」を省略することもありますが、使い方をは覚えておくととても便利です。 実際にビジネスの場で使われる事例を、シーン別に紹介します。