1分でわかる植松聖被告

相模原障害者殺傷事件の犯人植松聖被告とは

  • 植松聖被告は2016年7月26日に起こった相模原障害者殺傷事件の犯人
  • 植松聖被告は被害者家族には謝罪したものの、障害者の殺傷に対しては正当性を主張
  • 裁判は2020年1月8日から始まるが、植松聖被告は「死刑でも控訴しない」としている

相模原障害者殺傷事件

相模原障害者殺傷事件は2016年7月26日未明に発生しました。植松聖被告が元の職場である神奈川県立津久井やまゆり園に侵入し、入居者を次々と刺し45名が死傷した事件です。 植松聖被告は相模原障害者殺傷事件を起こした後、津久井警察署に自首しており、取り調べを受けた植松聖被告は障害者を殺すことが犯行の動機であったと供述していました。 事件前に同僚に対し「重度障害者は安楽死させるべきだ」と発言していたこともあり、ヘイトクライム事件としても注目を集めることとなります。

事件からみる障害者介護の闇

逮捕された植松聖被告は相模原障害者殺傷事件を起こす前、政治家に犯行予告を届けています。そこには犯行現場となる施設の名前や動機、犯行後の要望などが綴られていました。 相模原障害者殺傷事件からみる障害者介護の闇は一体どのようなものでしょうか?

植松聖被告が送った手紙

植松聖被告は相模原障害者殺傷事件を起こす前、当時衆議院議長を務めていた大島理森議員の公邸を訪れ職員に手紙を手渡しています。 そこには植松聖被告の考えが綴られていました。

「私は障害者総勢470名を抹殺することができます。常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし保護者の疲れ切った表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い、居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。」「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。」