1分でわかる三河島事故

1分でわかる三河島事故

  • 1962年5月東京都の常磐線三河島駅構内で列車が脱線
  • 脱線した列車に電車が次々と衝突し三重事故に
  • 死者160名・負傷者296名という大惨事となった

「三河島事故」は国鉄戦後五大事件に名前を連ねる、列車脱線多重衝突事故を指します。下りの列車と電車、のぼりの電車の三重衝突事故により多くの死傷者が出ました。 今回は現在でも教訓となりうる、「三河島事故」について解説します。

三河島事故の概要

「三河島事故」は1962年5月に東京都荒川区の国鉄常磐線三河島駅構内で発生しました。脱線した列車に次々と電車が衝突していった多重事故で、多くの死傷者を出しています。後続列車の衝突がなければ、ここまで被害が拡大しなかったことは明らかです。 ここではどんな事故だったのか、なぜ多重衝突事故が起こったのか、「三河島事故」の概要について詳述します。

常磐線の三河島駅にて起きた脱線事故が発端

事故が発生したのは、1962年5月3日の21時37分頃でした。常磐線三河島駅構内の下り線で、水戸行きの第287貨物列車が停止信号を見落としたのが発端です。 貨物列車は停止位置を通り過ぎたものの安全側線に進入し、下り本線まで入り込むことはありませんでした。しかし貨物列車のスピードが出過ぎていたため、安全側線で停止することができず車止めに突っ込み脱線したのです。 その結果、貨物列車は本線側に傾いてしまいました。

脱線した列車に後続の列車が追突し脱線

1962年5月3日21時36分、取手行きの2117電車が4分遅れで三河島駅を出発していました。そして第287貨物列車が脱線した10秒後、電車は止まることなく、貨物列車に電車が衝突したのです。 衝突により電車の先頭2つの車両が脱線し、車体が傾斜した状態で停止しました。この時点では貨物列車と電車は全面衝突には至っておらず、電車の中の乗客も無事でした。 電車には多くの乗客が乗っていました。衝突後、電車から出ようと非常用扉から脱出をはかりました。そして上り本線の線路上を歩き始め、最寄りの駅を目指します。この脱出行為が結果として犠牲者を出すことにつながります。