「あごが落ちる」の意味は「美味しい」

(画像:Unsplash

「あごが落ちる」。最近は、あまり聞きなれない慣用句となっていますが、ネット通販をはじめ、いろいろな食品の宣伝文句には意外とよく使われている表現です。 この慣用句の意味は「あごが落ちるほど、美味しい」ということ。ご存知でしたか? この記事では、「あごが落ちる」の正しい意味とその由来、使用法と英語表現などを紹介していきます。 簡単な慣用句ほど、うっかり勘違いしていたり、他の言葉と混同しているなんてことが少なくありません。 まったく別の意味の慣用句、「あごが外れる」と混同して、「あごが落ちるほど、大笑いする、それほどおかしい」ことと勘違いする人も多いようです。 この記事の続きを読んで、正しい意味と使い方をきちんと押さえておきましょう。

「あごが落ちる」の由来

(画像:Unsplash

「あごが落ちる」という言葉の由来は、辞書をあたっても明らかではありません。 なぜ「あごが落ちる」が「美味しい」につながるのか。 この言葉は少なくとも江戸時代には使われていましたが、由来については、その使用法から以下のように推察されています。 美味しいものを食べると、両方のほっぺたの耳の近くあたり、つまりあごの付け根付近がジンジン感じることがあります。これはおいしいものを食べたときに、唾液腺が刺激されるために起こる現象です。 また、おいしいものは、口にたくさん頬張りたくなって、実際に口いっぱいに頬張ってしまうものです。 あごの付け根がジンジンする。口いっぱいに食べ物を頬張って、たとえ話ですが、その重さであごが落ちそうになる。 この2つの状況が「あごが落ちる」という表現につながっていると考えられています。

「あごが落ちる」の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

さて、ここでは「あごが落ちる」の正しい使い方を例文を見ながら確認しましょう。 本来の意味をきちんと理解して使用しないと、たとえば接待の席などで恥ずかしい思いをすることにもなりかねません。 慣用句は、正しく意味を理解して、正しく使いましょう。

「あごが落ちる」の正しい使い方

(画像:Unsplash

さきほどの「あごが落ちる」の由来で説明した通り、これは「おいしいものを口いっぱいに含んだ」状態から発生した表現で、「とても美味しい」という意味を表現する慣用句となっています。 *使用するときは、この「とても美味しい」という意味と、「口いっぱい」というイメージを大切にしましょう。 * つまり「口いっぱい」ですから、「美味しい」といっても、「飲み物」には使いにくい表現ですね。 このニュアンスは押さえておきましょう。