蛇蝎(だかつ)の意味は「人が忌み嫌うもの」

(画像:Unsplash

「蛇蝎(だかつ)」は「蛇蠍」と書かれることもありますが、「人が忌み嫌うもの」という意味を持つことに変わりはありません。「蛇蝎」を「じゃかつ」と読むこともあります。どちらも正しい読み方です。 また「蛇蝎」には「うろこ状で細長く手足のない爬虫類」という意味もあるため、「長蛇」「大蛇」などが類語として使われることもあります。 もともとは蛇と蝎(さそり)を指し、「人間が恐れを感じ嫌うもの」という意味に転じました。蛇や蝎が人間が生活するうえで脅威となっていたことが、この意味に表れています。

蛇蝎の語源

(画像:Unsplash

日本の書物に「蛇蝎」が登場するのは鎌倉時代で、浄土真宗における開祖である親鸞の「愚禿悲歎述懐」にその記述があります。 ・悪性さらにやめがたし こころは蛇蝎のごとくなり 修善も雑毒なるゆゑに 虚仮の行とぞなづけたる。 (悪い本性は変わりにくいもので、それは蛇や蠍のようだ。どれほど修業をしようとも煩悩の毒が混ざっているので、偽りの行というものだ。) 「蛇蝎」は蛇と蝎という、「人が生活するうえで脅威となるため嫌う」という言いであることは前述しました。それが語源となっているようです。

蛇蝎の使い方と例文

(画像:Unsplash

「蛇蝎」は単独で使われることが少ない熟語です。「蛇蝎のごとく」「蛇蝎視」「蛇蝎磨羯の類(だかつまかつのたぐい)」という表現で使われるのが一般的ですが、会話の中に登場するのは稀でしょう。 ここでは「蛇蝎のごとく」「蛇蝎視」「蛇蝎磨羯の類」について、例文を交えながら意味と使い方を詳述します。

蛇蝎のごとく

「蛇蝎のごとく」は「激しく嫌う様子」を表す言葉です。 ・不倫をして母を捨てた父を、妹は蛇蝎のごとく嫌っています。 ・私が新社長を蛇蝎のごとく嫌うのは、あくどい手を使って前社長を陥れた事実を知っているからです。 「蛇蝎のごとく」には、「強い不信感を持る」「嫌悪して避ける」「憎悪する」というニュアンスが含まれます。そのため悪意を持つ人に対して使われます。それ以外にも「蛇蝎のごとく誰かを嫌い続けるのは疲れてしまう」と、自戒を込めて使う表現もあります。